Research

Living organisms can cope with disruption of homeostasis such as injury and disease to a certain degree. This results in restoration of steady state homeostasis, death of affected tissues or ultimate organismal death. The outcome depends on the type of insults, species of animals and maturation of tissues. While the process is well recognized, we still do not know the mechanisms defining responses to disruption of homeostasis in different organs and species. Our research focuses on two fundamental questions targeting major disruption of homeostasis in organisms:

  • How do animals repair tissues upon injury?
  • How does oncogenic stress by cancer affect animals?

To do this, we combine unrivaled genetics of the fruit fly, Drosophila melanogaster, with cell biology in zebrafish, Danio rerio, which are highly amenable to reverse genetics, live imaging and optogenetics.


生物は、傷や病気といった、生体内の恒常性の破綻にある程度まで対応することができます。その結果、恒常性の回復を達成できることもあれば、組織や最終的には個体の死に至ることがあります。どこまで対応できるかは、生物の種類、組織の成熟度などに依存します。このような現象自体はよく知られていますが、そのメカニズムの詳細はいまだ謎に包まれています。私たちは、このような現象を、遺伝学的アプローチやイメージングのできる実験系に落とし込むことで、そのメカニズムを、細胞・組織・個体レベルで明らかにすることを目指します。具体的には、ショウジョウバエとゼブラフィッシュを使い、次の二つの疑問を解決することを目指します。
1. 生物はどうやって傷に対応するか?
2. 癌は生物にどのような影響を与えるのか?